ABOUT THIS SITE
書いてる人:カテゴリー 一覧
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SEARCH THIS SITE
☆ 求む、赤坂情報 ☆
こちらからタレコミ!
赤坂の街のお得情報、ステキなイベントニュース、かわいいネコを見かけたよ…等々。いい情報もってるぜ、という方はぜひわたしにも教えていただけませんか?
qrcode
☆ これオススメ ☆

手回し充電ラジオライト
電池がいらないラジオ。ちっこいライトと携帯電話充電機能もあり。防滴でもある。ipodなどのスピーカーにもなるのが◎

☆ 明日は散歩日和? ☆

なかのひと
赤坂6-19 工事スタート
赤坂6-19

赤坂5丁目交番の交差点を、TBSやsacasを背に左折。
檜坂下へ向けて伸びているカーブの道に入って
しばらく行った左側一帯が工事用フェンスで囲まれている。

囲まれているのは、この通り沿いにあるビルに
あることがニュースになった時期にすばやく姿を消した
朝日新聞の配達所(上の画像の赤白の看板)。
その奥にある水資源公団と郵政公社の寮。
消防署の前に伸びている、本氷川坂へ合流する坂道沿いの空き家。
大きなイチョウの生えている素敵なマンションなのに!
イチョウには港区の保護樹木のプレートがついていた。)

このカーブ道沿い。
ここ数年で、消防署の隣にあった80年代っぽい
大きなアパートメントは取り壊し→駐車場。
その向かいのお料理屋さんも、スペイン料理店「ロスプラトス」があった
かわいいアパートメントも取り壊し→駐車場に。

このカーブ道の端っこに建つ「共済ホテル茜荘」は去年閉館済み。
古い建物が一掃されていっている?!

さて、今回の工事で何が建つのかな?
情報求む!
| 赤坂で散歩 | comments(15) | trackbacks(0) | page top ↑
コメント
今のところ、赤坂六丁目計画としか書かれてませんね...。
3月から4月11日までの期間、石綿を撤去するそうです。
| zoomania | 2011/02/10 4:28 PM |
なぬ、アスベスト除去工事だって、よおっく監視しましょう。
アッシなんかドーデもいいけど、
あと30年以上生きる人は、石綿吸い込んだらイカンぜよ。
| お頭 | 2011/02/11 12:22 AM |
お久し振りです、マコさん。

先日、氷川神社へ後厄のお祓いを受けに行った時、この辺りに何が起きているのか、と思いました。
元住民としては、結構気になります。
| 風月 | 2011/02/12 6:31 PM |
石綿!アスベスト!
え〜、その時期はあんまりその辺を通りたくないですね…
あたりに蔓延しないようにしてもらわないとねっ!!

あの辺は4、5階くらいの建物しか建ってないところをみると
なにか制限があるのかしら。
巨大ビルはいらんぜよ〜
| マコ | 2011/02/12 10:09 PM |
また再開発ですか?

初めまして、カネゴンと申します。
いつも、楽しく拝見させて戴いております。
再開発多いですね・・・・本日も赤坂1丁目の大規模開発の説明会が、泉ガーデンタワーで行われていました。
16,000平米 220mの高層ビルらしく平成27年完工予定。
六本木通りからアメリカ大使館前までぜーんぶ取り壊し
の予定らしいです。
| カネゴン | 2011/02/13 10:06 PM |
カネゴンさん、
コメントどうもありがとうございます。

今度は1丁目ですか。
2〜9丁目と島が違うのでノーマークでした〜
六本木通り沿いは高層ビルがどんどん増えることになりますね。


六本木通りを挟んでアークヒルズのお向かいあたりに、大きな森ビルが建ったという話しを、なにかで読みました。
あのあたりには最近行っておらず実際見てないのですが…

http://www.eonet.ne.jp/~building-pc/tokyo-kensetu/tokyo-106akasaka2.htm

これかな?


同じく六本木通り沿いの六本木よりには、高層マンションもできますしね。

http://www.eonet.ne.jp/~building-pc/tokyo-kensetu/tokyo-140ropongi.htm


この赤坂6-19あたりは、一軒家や小さなアパートメントビルがひしめいている場所。
「巨大で高層」なものはできなそうな雰囲気だけど、どうなるやら。
目が離せませぬ。
| マコ | 2011/02/15 7:19 PM |
お久しぶりです。
きっと赤坂もあと5年ですっかり変わってしまうのでしょうね。
考えてみると、赤坂も結構鋼矢板の塀で囲まれて再開発待ち
になっているところがあるし、実は通りからは奥まったところにある空き地というか未利用空間があるんですね。
衛星写真で見るとわかるかもしれません。
ところで、先日のブラタモリ赤坂完結版をご覧になりましたか。三分坂、報土寺、雷電為衛門のお墓も出てきたし、最後は金竜で芸者さんとお話したりして赤坂の雰囲気が良く出ていましたね。一ツ木通りの創業90年のお煎餅屋さんで銭湯の話が出てきました。
| LSD | 2011/02/17 1:57 AM |
たびたび失礼申し上げます。

私もブラタモリ赤坂の編を拝見致しました。
‘昔、赤坂にも銭湯が多かった‘との談でした。
ご存知でしょうか?港区の主要地区で銭湯が残っていないのは赤坂であるという事実を。赤坂に銭湯がほし〜い!!です。
しかたないので、広い風呂で温まりたい時、南青山の銭湯まで足を延ばしています。赤坂には銭湯難民が多い筈です。
是非、赤坂地区の銭湯誘致が出来ないかな?無理かな
| カネゴン | 2011/02/17 9:43 PM |
はじめまして!

私も、銭湯ほし〜い!!です。
シャワーだけでバスタブがないもので、銭湯希望は切実です。
学生時代もシャワーだけの部屋でしたが、ベビーバス(!)を置いて浸かっていました。
が、今の部屋はそれを置くスペースもなくて。。。
しかもTVもないので「赤坂完結版」も見られず。。。

って、最初のご挨拶からビンボー自慢でごめんなさい。
| ぷりしら | 2011/02/19 3:26 AM |
アスベスト(石綿)工事は、と或る区議に情報をいただきました。
アッシの判断では、石綿で空気中が濛々に成る、ことはなさそうです。
それに、マコさんが戻られる頃、4月下旬ですか?、迄には工事完了予定?
でも、予定は未定ですね?
兎に角、アスベストは存在してるのだから、厳重に管理監視してよ、
って区議にお願いして有ります。
| お頭 | 2011/03/02 9:16 AM |
二度目の書き込みです。
「ロスプラトス」もうないのですか?さびしいな〜 あそこのパエリアおいしかったです、 日本で最初のスペイン料理屋だったらしいですね(残念)。五丁目交番隣の美容院のせんせいに自分の結婚式の時着付けをしていただきました。娘さんの白無垢まで借りてしまって 大変お世話になった記憶があります。(もう閉店しちゃったかな?)(結婚は続行中です)
続々と取り壊される中、見附近くにあるケーキ屋さん「しろたえ」は まだがんばっているようなので 日本に帰ったら赤坂に行かなくては。
| Masae | 2011/03/10 9:58 PM |
違法は承知で、マコさんに代わり、Masae さんに。

http://r.gnavi.co.jp/g221100/

ロスプラトスは健在ですよ。

五丁目交番隣は、ちょっとご記憶違いで(?)、
3、4軒山王下寄りの小さな美容院でしたら、
引越しされて、反対側の横丁の左側に移りました。
息子が継いで(?)居て、先生もご健在です。
拝顔すれば、直ぐお分かりになりますよ。

赤坂は日々変化しています。
よおっく、キョロキョロしながら、探してみてください。

失礼いたしました。
| お頭 | 2011/03/11 9:51 AM |
赤坂も細かい被害が出ていますが、
概ね平安ですよ。
| お頭 | 2011/03/12 8:20 AM |
LSDさん、
じつはじつは、わたくし、
あのお姐さんたちの着物を着させてもらったことがあるんですよ!

http://mako-f.mitto-f.com/?eid=949724

えへへ〜


カネゴンさん、ぷりしらさん

銭湯ほしいですよね。
その昔は、一ツ木通りの「トモズ」が銭湯だったとか。
奥のさがったところが湯船のあったところ…
銭湯誘致したいですなー
足を伸ばしておフロしたい!


お頭さん、
なんだか…
お返事をしてないあいだに、
アスベストがちっさくおもえるような事態になっちゃいましたね。
区議さんも八面六臂の活動ですね。
でも頼りにしてます。


Masaeさん、
赤坂の生き字引・お頭さんの回答のほうが詳しい!です。
ロスプラトスは、1度はいってみたいな〜と思っているスペイン料理店です。


そして、赤坂はおおむね平安とのこと。
よかった!

こちらを読んでいる方々。
ランチに、息抜きに、ティータイムに、ディナーに、同僚との帰りがけの一杯に。
ぜひ赤坂の街へ繰り出してください!
| マコ | 2011/03/19 12:10 PM |
マコさん

粋な写真ですね!!
貴重な経験、全然知りませんでした。

芸者さんなんて、東京でも、赤坂、神楽坂、向島、深川(?)とか、今や希少な存在ですよ。
| LSD | 2011/03/20 11:16 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mako-f.mitto-f.com/trackback/966392
トラックバック
<< 大雪がうそのような石川 | main | ラジオくん、東北へ >>