ABOUT THIS SITE
書いてる人:カテゴリー 一覧
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SEARCH THIS SITE
☆ 求む、赤坂情報 ☆
こちらからタレコミ!
赤坂の街のお得情報、ステキなイベントニュース、かわいいネコを見かけたよ…等々。いい情報もってるぜ、という方はぜひわたしにも教えていただけませんか?
qrcode
☆ これオススメ ☆

手回し充電ラジオライト
電池がいらないラジオ。ちっこいライトと携帯電話充電機能もあり。防滴でもある。ipodなどのスピーカーにもなるのが◎

☆ 明日は散歩日和? ☆

なかのひと
赤坂氷川神社 初詣バス旅行
川越 氷川神社
[川越氷川神社。鳥居にかかっている社号は勝海舟の筆によるもの]

今日は、赤坂氷川神社の初詣バス旅行に参加した。
バスに乗るのは久しぶり。 ワクワク、まるで遠足だ。

行く先は埼玉県川越市。
川越氷川神社 ⇒ 川越まつり会館 ⇒ 「初音屋」昼食 ⇒ 
川越市内散策 ⇒ 高麗神社 ⇒ 「サイボクハム」という工程

めでたいおみくじ
[川越氷川神社の境内にて。「一年安鯛」みくじですって。手のひらサイズ。可愛いので(おみくじよりも鯛が)欲しくなったが、人気者のため絶賛売り切れ中]

絵馬のトンネル
[名物になっているという、絵馬のトンネル。絵馬にはイラストレーターが描いた愛くるしいイラストが。「ついつい買いたくなる」のね]

川越
[川越の街並。黒々した瓦が美しかった。ここを8mもある山車が練り歩くんだそうな!]

川越 牛若丸の山車
[お昼ゴハンした「初音屋」の正面にあった、山車の蔵]

各町会にそれぞれの山車を格納するある蔵があるそう。
山車は30台近くあるけれど、山車の協会?みたいなものに
未加盟の山車等を加えると40基ちかくになるとか。

まつり博物館
[川越まつり会館には、8mにもなる山車が一番高い状態で2基展示。2〜4ヶ月ごとに他の町会の山車と交換するんだって]

赤坂の山車は、現在鋭意復興中
数こそ少ないけれど、山車の幕など本物の江戸時代製のものもある。
一度途絶えた伝統をコツコツ復活させる作業というのも、
すごくパワーが必要だし、スゴイことなのではないかと思う。

みみずく
[まつり会館の展示コーナー。みみずく?サンゴや太陽もアリ]

高麗神社
[高麗神社。出世をご希望ならこちらにお参りを]

こちら、由来がおもしろい。
遡れば高句麗から渡って来た人たちによって作られた霊廟が
今の神社のもとになっているんだそう。

私の出身地・石川県小松市の名前の由来にも、
朝鮮半島から来た人たちが到着する海辺の町ということで
「高麗(こま)」の「津(=みなと)」でこまつ…という説がある。
わたしの血も遡れば、日本海を渡るかもしれないぞ!
なんか親近感が沸くのでした。
 
高麗神社
[高麗神社にてトーテムポール…ではなし]

サイボクハム
[サイボクハム。豚ちゃんのお肉がイチオシアイテム。こちらのスーパーで豚フィレ肉ブロック、ソーセージ各種、ベーコンを買い込む]

サイボクハム ホットドッグ
[サイボクハムのスーマー前には食べ物屋さん。迷わずホットドッグを注文。ソーセージ、うま!ついでにパンもちょうどいい!!]

狭山のゆうやけ
[狭山の夕焼け。さあ、赤坂へ帰ろう]

川越って地図でいうとどこ?から始まった、初詣バスツアー。
一人じゃ行けないところを何箇所もめぐることができてよかった。

帰りのバスでは途中からグーグー眠った。

行きは真っ白な富士山、帰りは朱色を背にした黒い富士山を見た。
川越氷川神社本殿の彫刻の緻密さに驚いた。
川越の美しい街並でははちみつソフトクリームを食べたが、
中までちゃんと詰まっていてうれしかった。
サイボクハムの駐車場からみた夕日は、めっぽうキレイだった。
戦争にも出兵したくらいの年齢の方が、
赤坂のお話をしてくださったのも、とても興味深かった。

書いているときりがないので、中略、でおわり。
さあ、もらってきたパンフレットを読みかえすとしようかな。
| 赤坂のお祭り・神事・催し物 | comments(3) | trackbacks(0) | page top ↑
コメント
マコさん、
善き体験を為さいました。
今年も好い事有ります。

川越の山車と赤坂の山車とは、仲良しなんですよ。
山車命の方々が、頻繁とは行かないでしょうが、
交流は無くはない。
赤坂の山車復興は、商店会でも力を注ぐそうですから、
もう少しは増えるものと思います。
期待しましょう、応援もして下さい。
| お頭 | 2010/01/10 1:07 PM |
お疲れ様でした。

川越まで、バスだとどのくらい掛るのでしょうか。

また、聞くところによれば、最近では、赤坂氷川神社にも不定期で「はとバス」のツアーが、坂本龍馬や勝海舟の縁で訪れているとのことですが。
| 風月 | 2010/01/10 7:18 PM |
お頭さん、
山車とその曳き手が、一緒にお祭りに参加できたらステキだな、と思いました。
赤坂のお祭りには川越の山車、川越のお祭りには赤坂の山車…

まつり会館内にいらっしゃったガイドさんが、たくさんの山車が集結したクライマックスは「山車と山車の競い合いではなく、褒めたたえ合い」とおっしゃっていたのがとても心に残っています。
正直、そんな考え方はちょっと忘れてしまっていましたから。



風月さん、
道中しゃべりまくっていたのでよく覚えていないのですが、画像の撮影時刻をみたところ、どうも1時間程かかっていたようです。
赤坂を出発して、高速+下道の時間です。

氷川神社にはとバスが!
知りませんでした。
| マコ | 2010/01/11 6:43 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
<< 冬の北陸・石川県の旅 | main | オーガニックハウス >>