ABOUT THIS SITE
書いてる人:カテゴリー 一覧
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SEARCH THIS SITE
☆ 求む、赤坂情報 ☆
こちらからタレコミ!
赤坂の街のお得情報、ステキなイベントニュース、かわいいネコを見かけたよ…等々。いい情報もってるぜ、という方はぜひわたしにも教えていただけませんか?
qrcode
☆ これオススメ ☆

手回し充電ラジオライト
電池がいらないラジオ。ちっこいライトと携帯電話充電機能もあり。防滴でもある。ipodなどのスピーカーにもなるのが◎

☆ 明日は散歩日和? ☆

なかのひと
赤坂の坂・牛鳴坂
牛鳴坂
[赤坂から青山へ抜ける厚木通で、路面が悪く車をひく牛が苦しんだため名づけられた。さいかち坂ともいう(港区産業観光ネットワークより)]

今日は昨日の雨から一転、快晴だった赤坂。
明日の方が暖かいというが、今日も散歩しておこう〜。

さて赤坂の坂 第11弾(たぶんそれくらい…か?)は
牛鳴坂(うしなきざか)」(赤坂4-1、4-8の間)。
と、お散歩日記。

おたけび
[もうすぐ取り壊しされるのです]

青山通りからこの坂に入り、上りきったところには
こんな建物(秋頃の模様)が建っている。
今日再び見るまですっかり忘れていたんだけどね。

緑の季節にはもじゃもじゃになるこのビルは
正式名称を「丹後ビル」といい、
3月初めから石綿除去作業を含む解体をされる運命です。
さよなら、おたけび。

ファースト
[パンも売っていたんだね]

食料品・雑貨屋さんだったのかな。

ねぎ
[丹後ビルの脇には別のお店の入り口]

店名が「ねぎ」。

豊川稲荷
[赤坂3丁目から246向こうの豊川稲荷をみる]

おたけびの前の道を進むと、ビルの間の細い道の向こうに
豊川稲荷の端っこが見えた。おり?お花が咲いてる。

桜?
[うめ?もも?さくら?]

お散歩手帳を見返すと、去年は3/9にこのあたりを散歩して
このお花が咲いているのをみている。

赤坂ガーデンシティー
[赤坂ガーデンシティーの階段上からの景色]

工事中の赤坂警察署の脇の道(=弾上坂)を登り、
右折すると右には赤坂区民センター、左に赤坂ガーデンシティー。
ここもけっこう高台になるようで、景色がいい。
上の画像、手前ののっぽビルがミッドタウン。
その右のが六本木ヒルズののっぽビル。

そしてこの画像を撮った場所で足下を見ると〜

けっこう急
[なかなか急勾配で長い階段]

こんな階段で下に降りることがができる。

高層ビルばかり
[画像右は建設中のパークコート赤坂 ザ タワー]

下に降りて空を見上げると、こんな風景。
左手の赤坂ガーデンシティーとパークコート赤坂 ザ タワーを
つなぐブリッジを作っている。

さっきの高層住居ビルの脇を通り抜けると、薬研坂
そのまま南へ進むとカーブにさしかかって
下り坂(=三分坂)になる。

一ツ木公園
[一ツ木公園から昔は富士山が見えたのだそう]

その坂の上にあるのが一ツ木公園。
昔はこの場所から富士山が見えたらしい!
いまは〜?と行ってみたら、どーん!
ミッド君がそびえていたよ。

さ、久しぶりのきちんとした?赤坂お散歩でした。
(誰だ、「ネタつきたんでしょ」なんて言うのはー)

坂カテゴリーで毎度作っていた地図が作れないので、
あとで歩いた地図をのっけておきます。

歩いた地図はこちら
| 赤坂の坂 | comments(0) | trackbacks(0) | page top ↑
赤坂の坂・乃木坂
乃木坂
〈坂の下より〉

ひさしぶり! 赤坂の坂 第10弾は「乃木坂(のぎざか)」(8-11、9-6の間)。 名前の由来は『大正元年(1912)乃木将軍の葬儀と同時に幽霊坂という名は廃止され、乃木坂に改められた。また、行合坂、なだれ坂とも呼ばれた』。 

東京らしく

今日は赤坂小学校前の交差点からお散歩スタート。 残念ながら「東京ラスク」(赤坂9-1-26)は日曜定休日。 食べながら歩きたかったなっ。

赤坂中学校坂

赤坂中学校へ行くための坂道は、この4月のはじめに一般に公開された。 なかなかきつい勾配だけども、なかなかわたしには楽しい坂だった。

赤坂八〜九丁目歩道橋

小学校を過ぎたあたりにある歩道橋、渡ったことがないからついでに渡っとこうか。 上からみると、赤坂通りが見渡せて気持ちよし。 歩道橋の名札は、ごんぶとフォント。

歩道橋より
〈赤坂駅方面を見る〉 画像右側は赤坂中学校

歩道橋より
〈乃木坂方面を見る〉 左側、壁面がかわいい中之町幼稚園。

桑田記念児童遊園

歩道橋を過ぎたあたりにあるのは、春先にあった町内会のお花見会会場となった桑田記念児童遊園。 お花見以来だけど、新緑に変わってる〜! 画像左奥に見えるのっぽビルはミッド君。 この公園のむかいあたりに、「聖パウロ女子修道会」へと上る坂道がある。 修道会の方々による丁寧なお手入れがされているお庭は、きっと植物がイキイキしてる頃なのじゃないかしら?

さあ、修道会への上り口を過ぎコンビニも過ぎたあたりからが、乃木坂かな。 この記事のトップの画像になります。 (乃木坂のある赤坂通りと垂直に走っている外苑東から見下ろすとこんな感じ) このあたり、というのは、坂道の上下にある標識の杭がどうも見当たらないから。 どこかにあるのかもしれないが、わたしはまだ見たことがないの。 それだけが理由ではないけど、わたしは「乃木坂」という名前の坂があることを長いこと知らないままだった。

SME前の坂

さ、乃木坂を上ったところで左折。外苑東と交わる交差点にでる坂道(SME前)を上るよ。 実を言うと、「乃木坂」ってこの坂のことだと最初は思っていた。 坂の下にはちっちゃなかわいい雑貨屋さん。

雑貨屋さん

名前を覚えてくるの忘れた。 ガラスを使った愛らしいアクセサリーが得意のよう。 うーん、買いたいけど、がま口にはオヤツ分しか入ってないのでまた今度。

ところで今日の散歩の裏目的は→click!
| 赤坂の坂 | comments(0) | trackbacks(0) | page top ↑
赤坂中学校坂
赤坂中学校坂

おもちさんからの情報を元に、さっそく赤坂中学校脇の坂道へ行ってみた。 上の画像は、赤坂通りから撮ったもの。 いつも閉められていた門が開かれていた。 いえーい、ご入学!

急勾配

なかなか、急でございます。 中学生諸君は、毎朝ここを上るのか(ま、わたしが通っていた中学校もお山の上にあったケド)。 へー、こうなっていたのか。 校舎と逆の谷側に見える風景は、まだ見たことないカンジよ。 赤坂通り沿いに建つビルの最上階の明かりが見えたり、9丁目の家並みが間近に見えたり。

校舎まで遠い

なんと、校舎まではさらに階段を上らないとたどり着けなかった! なんて心臓破りな…。 でも、ヤングにはこれくらいじゃなきゃね。

それにしても、赤坂中学校はずいぶん高いところにあるなあ、とシミジミした。 6丁目側とじゃ、ビル5〜6階くらいの差がある? この坂道を歩いてみてよかった。 赤坂9-1内での高低差が、とても興味深く感じられたから。

赤坂中学校坂へ

これは、外苑東から中学校方面へ歩いてきた、21_21 DESIGN SIGHTのちょうど裏側。 まっすぐ降りていく下り坂が、こんど開通した坂道。 降りていくと赤坂通り、一番上の画像の場所に着く。

ミッド君ライトアップ

さあ、ミッド君の庭を通って帰ろう。 ただいまミッド君では桜の花が満開。 芝生広場では「桜Cafe」が期間限定で営業中。 ステキにライトアップされてる。 上の画像の、奥の三角のライトは桜cafeのもの。

sakura cafe

かわいいものが生えてる。 ちなみに、この「SAKURA CAFE」の文字「S」の横に刺されているこの桜のガクみたいなものの1つに、グラスが突っ込まれていた。 そういう用途のものなの?

オマケ:
毒々しい色

赤坂中学校脇の植物。 太陽のもとでみると、鮮やかなグリーンなんだろうなあ。 夜のライトの下ではドクドクしいのでした。

境界線看板

ステキなライトアップが施されているのは、あくまでも東京ミッドタウンの敷地。 地続きの檜町公園では、通常通り。 芝生も植え替えられてはいない。 中学校坂→檜坂の途中にあったこの看板、撤去されたのか消えたなぁとおもっていたら、ここに移されてたんだね。 リサイクル、リサイクル。
| 赤坂の坂 | comments(6) | trackbacks(0) | page top ↑
赤坂の坂・弾正坂
弾正坂 赤坂4側

赤坂の坂 第9弾は「弾正坂(だんじょうざか)」(赤坂4-9、4-18の間 )。 青山通りを挟み、赤坂4丁目と元赤坂1丁目にまたがっている坂道。 元赤坂側では、片側には赤坂御用地、もう片側には豊川稲荷がある。 名前の由来は『西側に吉井藩松平氏の屋敷があり、代々弾正大弼(だいひつ)に任ぜられることが多かったために名づけられた』。 弾正? wikiによると「主な職務は中央行政の監察、京内の風俗の取り締まり」だとか。

ところで赤坂の坂道標識が新品に取り替えられているのを、何カ所かで見かけた。 TBS周辺の再開発も今月20日には完成と遂げるのと同時に、赤坂の街のお色直しも進んでいるのかな。

弾正坂 元赤坂側

青山通りを渡ったところから、弾正坂の続きが始まる。

豊川稲荷 桜?

因みに、弾正坂の元赤坂側にある豊川稲荷のこれ↑は、梅でなく桜かな? あいにく目が悪くよく見えないのだけど、桜な気がする。 早く咲く種類なのか、日当たりがよい位置だから早くに咲くのか…。 それか、梅なのか。

弾正坂下

元赤坂側は赤坂の坂にしては長目で緩やかな傾斜の坂道。 坂の下では「九郎九坂(くろぐざか)」と一緒になる。 九郎九坂については、また別の時に。

オマケ:
かつーん

弾正坂沿い、赤坂4丁目側に串カツ屋ができるらしい。 その名も「かつーん」。 張り紙にめちゃ安いでえー、って書いてある。 本当? おぼえとこっと。

赤坂・弾正坂
が弾正坂
が豊川稲荷
| 赤坂の坂 | comments(0) | trackbacks(0) | page top ↑
赤坂の坂・桜坂
桜坂

赤坂の坂 第8弾は「桜坂」(赤坂1-11、1-12の間)。 今月20日にグランドオープンする赤坂sacasにあるBizタワーは明日オープンということなので、それを記念して「桜坂」を取り上げてみた。 なぜ? なぜならsacasに新しく作られた坂の名前が「さくら坂」で、ひとつ話をややこしくしてみようとおもって。 いっひっひ。 赤坂には2つの「さくらさか」があることになるんだね。 今回取り上げる「桜坂」は漢字で書く方、赤坂2〜9丁目のあるシマからみると六本木通りを越えた向こう側・赤坂1丁目にある。

由来は『明治中期に新しく作られた道筋で、坂下に戦災まで大きな桜の木があったことからこの名がついた』。 坂の沿道には約150本のソメイヨシノが植えてあり、開花する季節はライトアップもされキレイだそう。 その時期には坂の隣にあるアークヒルズで「桜まつり」(去年の模様→click!)が開催されるの。 桜まつりには行ったことないんだけど、今年は訪れてみようかな。

桜坂

ところで、春のお楽しみ「2008赤坂春まつり」は3/20(木)〜4/6(日)の間、イベントが開催されるらしいよ。 3/28(金)と4/6(日)に赤坂氷川山車の巡行もするって。 おいしいものがお手頃価格でいっぱい食べられるといいなあ。

赤坂・桜坂
が桜坂
| 赤坂の坂 | comments(0) | trackbacks(0) | page top ↑
新しいお話へ | 1/3PAGES | 古いお話へ >>